2012年7月12日木曜日

バルサ、ソシオ会員数が減少

FCバルセロナのソシオ会員数(*クラブ年間会員)が、減少した。

今年6月30日時点でのソシオ会員数は、前年同時期よりも2.35%減の169.058名。
クラブ史上最高会員数だった、昨年の176.058名より6740名の会員減少となっている。

特に、2004年、当時のファン・ラポルタ会長を中心とするクラブ経営陣が、
ソシオカード取得用にかかる年会費の請求を取りやめてからは、
初めての減少傾向である。

なお、この減少傾向は今後数年続くものと見られている。

というのも、サンドロ・ロセイ現会長を中心とする現経営陣が、
2010年10月、連絡の取れない加入者を退会対象とし、
また同時に、インターネットからの入会募集を廃止したからだ。

以降、正式なソシオ会員に数えられるのは、
2年以上の会員歴があるものに限られることになった。

また、昨今の経済危機によって、更新料が未払いのままになったファンについても、
ソシオ会員数にはカウントしていない。





0 件のコメント:

コメントを投稿